裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

コラム

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 人格抹殺の害に対抗するためには、一人ひとりがそのような事象があるという認識、アウェアネスを持つこと。人格抹殺は、常に、ほんとうは広い資質を持っているある人間の一部の印象(事実、虚偽にかか…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 今回のウィーンでの日本展に批評性のある作品が入っていたことは、現地の人にとっては日本の文化的成熟を示すものであったはず。大使館の行為については、どの国でも政治家が介入することはあって、幻…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 政治ネタを含む批判的コメディだけれども、アメリカのコメディアンは普通にやるわけだけど、それだけなんじゃなくて、コメディクラブにいくと自分の妻が逃げたみたいな話から、トランプ政権のことまで…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 アルマさんが受けた音楽教育は、ある時期のイタリアで主流だった、即興演奏と作曲を重視する方法で、教本とかそういうのをやるんじゃなくて、とにかく弾いてしまう。そしてホームエデュケーション。ア…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 資源のない日本にとって、唯一の資源は日本人の脳である。妖怪偏差値をそろそろ退治して、自由で多様な世界に移行しないと、機会費用は莫大なものになる。まずは、偏差値を振りかざして子どもたちを抑…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 ネットなどでよく見られる、「Fランク大学の学生は1/2+1/3もできない」と揶揄する書き込みは、書き込む人の理解の稚拙さ、愚かさと、既存の学校システムの根本的欠陥を反映しているに過ぎない。そのあ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 日本の教育、大学入試を根本的に変えようとしたら、英語民間試験や記述式問題のような小手先のチマチマした変化ではなくて、人的、時間的リソースをかけて、子どもたちの表現する能力をたっぷりと展開…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 夏目漱石は文体も文学性もどちらも素晴らしいけれども、文体が整っているとか、洗練されているとか、そういうことは確かに大切だけれども、あまりそれに流されてはいけないんだろうなと思う。村上春樹…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 どんな地方に住んでいても、どんな家庭環境でも、すぐれた資質をのばせるような、そんな教育システムを用意することは国や地方自治体の責務であると同時に、そのようにしないと日本の中にいるかもしれ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 ダーウィン的に自然を見ると、もともと生態系のそれぞれのニッチは対等なのであって、上や下はない。マスメディアというボトルネックの時代に、たまたまメジャーとか権威とかが一時的にできた。その残…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 東浩紀さんのツイッターでの発信を楽しみにしてきたものにとって、アカウントが消えてしまったのはとても残念だけれども、以上のような東さんの姿勢には私は全幅の信頼を感じていて、きっと伏流はやが…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 典型的な知性の分野以外でもそうで、もはや、誰かがモーツァルト的な音楽を書いたり、モネ的、あるいはフランシス・ベーコン的な絵画を描いたりしてもそれは創造性の発露とは見いだされないところがあ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 今回のIOCによるマラソン、競歩の札幌開催の決定は、ガバナンスの見事な事例だと思う。組織の自律的な力学ではいつまで経っても変えられないことがある。オリンピックのマラソンだけでなく、いろいろな…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 型やスタイルがあるからこそ、変化に適応できて、融通無碍に新しいことができるという歌舞伎の強さは、まさに激動の中にある現代の私たちにとって、大きなインスピレーションだと思う。来年の團十郎襲…

朝からメッセージ

『時代は変化し、賢さは「ペーパーテスト」の賢さから、社会の中で自ら動き、判断し、行動していく動的賢さへと基準が移ってきている。求められるのはアスリートのような賢さであり、スポーツはそれを醸成する。「体育会系」という言葉のニュアンスは、この…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ 『 昨日の試合のような白熱した、魂の闘いを80分マインドフルネスで受け止めることで、自分自身の中に、ラグビーとは離れた文脈の人生で、今を生きてがんばっていくためのひながたのようなものができる…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 分野が違っていても、似たような話はあると思う。環境が整っていてもいなくても、這い上がるやつは這い上がろうとする。アップライトピアノがなくても、ましてやグランドピアノがなくても、紙鍵盤で…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 物理的直観はすぐれているけれども、純粋に数学的な能力には欠けるところがあるというアインシュタインの自己認識は、神経学的多様性(neurodiversity)の視点からたいへん興味深い。人間の能力は、…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 アインシュタインは、近くしか見ない人は危ういというような意味のことを言っていたように思うけれども、クラスター化した現代で、自分の好きなものだけにはまっている人は意味論的にだけでなくネッ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 円生は、晩年もそうだったけれども、それまでの経緯を見てもまじめな人だったようで、円生がまじめだったことと、「化ける」ということが起こったことの間には関係があるような気がして、真面目な人…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 天才というのは放っておいても育つという考え方もあるかもしれないけれども、やはり大人の支援は大切で、ガウスといえども、先生が自分の才能を見つけてくれて、褒めて、支援してくれたということは…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 恐れを知らないジークフリート」という姿が心を打つのは、ジークフリートが特別な英雄だからではなく、恐れを知らず、現実に忖度しないという姿勢を、子どもは誰もがその成長の中で経験し、通過する…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 以上のことは常識だろうし、私の中でも無意識に織り込まれて長年経つが、子どもの頃印象派というと立派で王道だと思っていた状態と、落選して権威に認められず批評家に揶揄されていた起源を知った時…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 だから、そのタイムウィンドウを有効に使って、火星に人類を送るべきだというのがイーロン・マスクさんの主張である。この時間の窓という観念は、人類全体の未来だけでなく、一人ひとりの人生を考え…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 同じ絵画というジャンルの中でさえ、油絵を描いている岸田劉生というイメージが強すぎるので、日本画の岸田劉生がなかなか受け止められない。これは、本人の問題というよりも、それを受け止め、認知…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 ガーデニングは、今や現代アートにも接続しているけれども、現代アートにつきもののとんがった批評性や突き抜けた作家性とは異なる、自然とゆったりとつながった、力の抜けた方向に行っていることは…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 一人ひとりの人間も、生きているうちにいろいろなことがあって、その人の意図を超えてしまう場合もあるし、流れながれて思わぬところにたどり着くこともある。そう考えてみると、人生は、私たちが手…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 複製でも、ノイズだらけでも、粗くても、本質は変わりがない。そう思って自由や創造ということに向き合うことで人は精神の潜在的力を十全に発揮できる。フランシス・ベーコンや小林秀雄のようにすれ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 今、国際的にも日本の「おまかせ」が流行ってきているけれども、客が料理をこれだというよりも、むしろその日の一番良い素材、料理を知っている店主にまかせた方が合理的なところがある。小林秀雄は…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 メゾファンティの多言語話者としての才能は、偶然発見された。貧しい家に生まれたが、父親の仕事場で遊んでいるうちに、となりにあったギリシャ語やラテン語を教える学校の授業をもれきいているうち…