裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

コラム

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 メゾファンティの多言語話者としての才能は、偶然発見された。貧しい家に生まれたが、父親の仕事場で遊んでいるうちに、となりにあったギリシャ語やラテン語を教える学校の授業をもれきいているうち…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『モーツァルトが死の直前に書いた「Ave verum corpus」に至っては、2分くらいの短い曲だけれでも、内側から満ちあふれるような光と生のはかなくもかけがえのない意味に満ちあふれていて、根本感情が純…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 保坂和志さんは作家として多くの後進に絶大な影響を与えたけれども、『カンバセイション・ピース』を書かれたあたりだったか、小島信夫さんの小説をいろいろと紹介されて、その小島信夫さんの小説も…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 英語の「四技能」を育むことは大いに結構だけれども、それは話すこと、書くことの積極性をうながす文脈、マインドセットを通して行うべきで、テストしてスコア化するというちまちました箱の中でやる…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 このように、紙の新聞の一覽性、網羅性はデジタルの情報源では得られないもので、その日その日の「最低これだけは概観しておくべき情報の範囲」をパターン認識する上では現時点で最適のメディアだと…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 多様性において、言葉にしたり、ラベル化したり、そのようなことをするのは大切だけれども、限界があって、結局その場その時で感じるしかないと思えば、近所の公園にお散歩に行くときに清新なhonor s…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 カリスマの「正統性」は、ジャンヌ・ダルクの評価が揺らいだように、常にあやうい領域にある。そのあやうさがかえって注目をひきつけて、人々を集めさせる。今で言えば、地球温暖化の問題を訴えてい…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 社会は複雑で、一つの決定がまわりまわって人々の生活にどんな影響を及ぼすかわからないのである。悪意に基づくものは論外だけれども、善意に基づくものですら危ういのである。政治家であるというこ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 人たちはまだいる。ブラジル大統領が外国からのアマゾンの森林を心配する声を植民地主義的と批判するけれども、その彼の態度そのものがアマゾンの森林の中でずっと暮らしてきた人たちから見れば植民…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 今回、スケッチも出品されているので、それと比べてなるほどと思ったのだけれども、岸田劉生のあの独特の質感は、描き込みの密度というか、どれくらい筆を緻密に重ねていくかという作業に依存してい…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 日本人は完璧主義者が多く、それが職人技のように良い方向に出ればいいけれども、英語については裏目に出ていて、要するになんでもいいから話せばいいのに、もじもじして話せないことが多いのは、国…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 ダイアログ・イン・ザ・ダークで視覚障がいの方とさまざまな活動をすると、普段使っている脳の回路には頼ることができず、使っていない回路が活性化して、さらに、思っても見なかった世界の様相が見…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 ベートーベンが耳が聞こえないにも関わらずなぜあのような名曲を書けたのかと考えた時、だからこそ外からの音に左右されず、自分の内なる響きに耳を傾けることができたのだと考えることもできるかと…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 イギリスではBrexitがむちゃくちゃになっていて、日本をふくめ世界各地でなんだかギスギスしているけれども、自分の好きなコメディ映画や、映画のおもしろいシーンを思い出していると、心がうまく泡…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 こうやって、フランシス・ベーコンとの突然の偶然の出会いから、私の人生でのベーコンとの接点をいろいろ振り返ると不思議な気持ちだ。経験の記憶はこうやってホルダーに入っていくんだろう。世情が…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 論語にはいろいろと凄いことが書いてあるけれども、「七十従心」、つまり、七十になったら、自らの欲望の従うところで行動しても、規範を超えなくなったというのは究極のファンタジーだと思う。世が…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 アインシュタインが、「神秘的なものに感激する心」を持ち続けることが生きることだという意味のことを言っているのも同じであって、「無知の知」を持ち続けている限り、その人の精神は若い。大人の…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 子どもは未完成な大人だと思いがちだけれども、ほんとうは大人の方ができそこないの子どもという側面も大きい。子どもはどんな子どもでも見どころがあってすばらしい。大人が陳腐になってしまうのは…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 どんなに忙しい時でも、雑談をする心の余裕があることが、脳の健康度を示す。たとえ切迫したビジネスミーティングでも、こんにちは、と言ったあと、2,3分の雑談(small talk)で心をほぐして、「…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 落語は、与太郎のようなちょっと足りない、「生産性」のない人がいたときに、まわりの人がどのように支えてどのようにがんばって、でも失敗しちゃうか、失敗してもだいじょうぶ、というパターン学習…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 小津安二郎の映画は、常に、何気ない日常の底光りする味わいを描く。ずっと続くように思われるけれども、実はいつかは終わる。小津は、とりつかれたように、家族の日常が終わる様子を描き続けた。そ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 そもそも時間というのは不思議で、流れて消えてしまったら何も残らない。生きている時間がすべてで、後世のことなどわからないという見方もある。アステカ文明にはたくさんの天才がいただろうけれど…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 コメディは国境を超えるのだと思う。Trevor Noahさんの英語は、少し癖があるけれども流暢で、でも、Joe Wongさんのように必ずしも流暢でなくても、人々を爆笑させることができる。それがネットでシェ…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 昨今しばしば議論される、「文章の意味がわからない」問題において問われている「文章の意味」は、自然言語全体から見れば、どちらかと言えば基礎的、初歩的、トリビアルな能力のように思われる。も…

朝からメッセージ

ニコロビン プレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 自分自身だけでなく、他人に対する見方も同じである。誰かが欠点を持っているときに、それを非難したり攻撃するのではなく、その人はその欠点のすぐそばに長所を持っているのでないかと考えた方が生…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージきたのでアリンコ 『 手書きはネットワークへの適応性が少ないという話をしたけれども、たとえばiPadで手書きでアイデアを文字やスケッチで表現して、画像キャプチャしてパワポのプレゼンの一部に使うと効…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ来たのである 『 脳の良し悪しというのはそう簡単には決められないし、個性は100人いたら100人が正解なのであって、苦手なことがある人は、その分チャンスがある。苦手すぐ近くに得意がある。それを…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージきたのでアリンコ 『 NHKは、BBCに比べると、公共放送としての意義を国民に高いレベルで納得してもらえていない。最大の要因は番組の「質」であろう。ネット時代にメディアの切磋琢磨で目や耳が肥えた視聴…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージきたのでアリンコ 『 もう少し長いスパンで見ても、ノイズや邪魔が入っても集中できる力は養える。たとえば、ある課題について、いろいろ周囲から雑音が聞こえてきたり、気をそらすような状況があったとし…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージきたのでアリンコ 『 ソクラテスや孔子の場合、その言動を弟子のプラトンや多くの門弟が記して編集しているということも興味深く、つまりは他人の認識、記憶を通してその人のすがたが定まっていくプロセス…