裏最北ブログダダダダーン!!!!

エッセイ社会派なブログ??!

幼稚園から小中高大学受験システムいらない

f:id:barussnn127:20220123163237j:image

茂木健一郎さんのブログから

幼稚園以降小中高大学まで

その際の反応を見ていて、やはり、日本社会が学びや入試のあり方を巡っては袋小路に陥っていることを思い知らされたように思う。  私は、予備校や塾といった「受験産業」はこの世に要らないと思っている。実際、そのようなものがなくて学びが回っている国、地域はたくさんある。  このように書くと、受験産業で生活している方々もいるのだといか、現場の先生方は良心を持って働いているという反論が来る。それが事実だとしても(実際事実だと思うが)、そこには本質はないと思う。

コロナ第6波は

f:id:barussnn127:20220102192143p:image

コロナ第6波は

ネットから

日本はいまだに検査を抑制し、空港検疫は精度の低い抗原検査のまま。ブースター接種も飛び抜けて遅い。科学的な判断に基づいて政策決定されているとは到底、思えません。途上国も含めてワクチンを打ち終わるのが24年とされ、少なくとも23年まではコロナ感染は続くとみられています。

新型コロナパンデミック今年以内に

f:id:barussnn127:20220102063324j:image

ネットから

(CNN) 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は12月30日、新年へのメッセージを発表し、2022年に新型コロナウイルスパンデミック(世界的大流行)を終息させるとの期待を込めた。世界中で新規症例数が毎日のように過去最高を記録する中、テドロス氏は「この災いを終わらせる道具」を世界は手にしていると述べている。

太平洋戦争真相⁈

f:id:barussnn127:20211231090610p:image

ネットから

満州国を建国し領土を取られた中国はアメリカに日本を叩き潰して欲しいと要請していたようだし、そのあたりも気づいてはいなかったんでしょうね。 日本をアメリカとの戦争に向かわせ、帝国を崩壊させようとしていたらしいですから、中国の戦略もしたたかだったようです。

日本海溝地震の場合

f:id:barussnn127:20211221154036j:image

f:id:barussnn127:20211221155745j:image

ネットから

内閣府有識者検討会は21日、岩手県沖から北海道沖にまたがる「日本海溝・千島海溝」を震源域とするマグニチュード(M)9クラスの最大級の地震が起きた場合、最大19万9000人が死亡するとの被害想定を公表した。北海道や東北で甚大な被害が見込まれており、国や自治体、個人を挙げた防災対策の徹底が求められる。

2035年に南海トラフ富士山噴火!?

f:id:barussnn127:20211219115054j:image

 

SNSから

 

南海トラフ地震、2035±5年にかなりの確実で起こる、死者32万人(3.11の16倍)、被災者6,000万人、経済損失単年で最低210兆円(3.11の10倍))、累積1400兆円以上、らしい....

首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動の誘発❗️最大でM9級の恐れ❗️ 震度7クラス地震が日本国内全域に起こる❗️ 目を覚ませ日本❗️ #2035年地震予知地震減災

警告戦後教育は

日本人に対して娯楽に目を逸らす愚民化政策をやりました。

目を覚まして欲しい!!

かならず起きるよ!?2035年に南海トラフ関東大地震

f:id:barussnn127:20211219063645j:image

 

やりすぎ都市伝説見ていたら

2035年南海トラフ関東大地震による

首都圏北関東圏に移る予測

 ネットから

南海トラフ巨大地震震源域となり得るのは東海、東南海、南海の3エリアですが、その3エリアで巨大地震が連動する可能性があります。それは1707年の宝永地震以来の大災害です」  地震の規模は最大でM9.1、関東から九州までの広範囲で震度5弱以上の大揺れになる見込みだ。 「とくに四国4県や兵庫、愛知など10県153市町村で震度7となり、犠牲者は最大で32万人に達すると予測されます。2011年の東日本大震災以上の『西日本大震災』となる恐れがあります」(鎌田氏)

 

2035年の前後5年は地震に警戒するべきだと主張する。関は次の南海トラフ地震が起きた場合には、東日本大震災の約17倍の被害が出ることを強調し、「別にこれは怖がらせるために言っているんじゃないから。事前に伝えておくことで、具体的に準備をしておこうって話。最悪を想定して、防災ではなく減災していこうっていうことだからね」と訴えていた。

南海トラフ巨大地震はこうした“複合災害”となり、日本列島の大半に被害を及ぼす。影響が少ないと考えられるのは、北海道や青森、岩手など、東北地方以北のわずかな地域に限られる。

ウチの住んでいる北海道稚内圏内は

セーフだ。