読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 その意味で、しばしば聞かれる、外国語学習が日本語の理解の邪魔になるかという議論はむしろ逆であろう。夏目漱石が英文学を徹底的にやったあとに日本語表現で大成したように、むしろ外からの目が入る…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 他人と自分との間に生じる「違和感」を通して、私たちは、ああこのひとはこう考える、こう感じるんだと認識するとともに、それとの「差分」を通して、自分を認識することができる。異質な他者を通して…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 キリスト教徒と、仏教徒と、イスラム教徒と、無神論者が共生することは多様性の重要な様相だが、そこでは止まらない。さらには一つの宗教を信じる人たちの中にもさまざまな人たちがいる。容易には他者…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 社会の中に多様な人がいることを許容できる人は、それらの多様さが自分の中にも鏡のように映されていることを感じることができる。さまざまな色、響きに呼応する自分の中の何かがあるからこそ、それら…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 笑いはパターン認識であり、社会批評的な笑いをつくるといっても、いくつかのパターンをあらかじめ頭の中にいれて置かないとできない。そのためにはいくつも笑いのサンプルを見て、そのかたちを叩き込…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 もっとも、今のアメリカのコメディ文化におけるロシアのプーチン大統領への言及のように、自分たちの指導者であるトランプ大統領に対する批評性の一部として他国の政治家が登場する場合は、この限りで…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 孤独を癒やすのは必ずしも人間とは限らない。時にはひとつの考え、イメージ、システムが孤独を癒やしてくれることもある。何かに熱中して時間を忘れる。そのような向き合いこそが、孤独のいちばんの薬…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 同じ情報が一斉に配信されるマスメディアと、インターネットのようなロングテールメディアの性質は違う。ネットが成熟するにつれて、オタクのロングテールも充実してきているということを日々感じる。…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 ある特定の傾向を持つ人の分布は、空間的に離れているから、学校など、周囲の環境を見渡しても仕方がない。むしろ、遠くの人でも、「同好の士」を見つけて、その人との間で切磋琢磨するしかない。将棋…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 バックグランドの異なる人たちと接している時には、個性を発揮するのが一時的に難しくなっておとなしくなる時期がある。これは、外国語修得における「サイレント・ピリオド」と同質の「探っている」期…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 世間の誰も興味を持っていないようなことに関心をいだいている人が、同好の人に出会った時のよろこびは大きい。深い絆が結ばれる。そこには秘密結社のような一体感が生まれ、どんなに話しても話したり…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 自分自身を「外」から見ているかのように客観的に見つめる「メタ認知」を高めることは、案外むずかしい。「鏡」というメタファーが使われがちだが、私たちの脳は鏡のように視覚的情報が十分に提供され…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 すぐれたクリエーターは、世間の評判よりもさらに厳しいメタ認知を持って自分と自分の作品を見つめている。だから、売れたり、評価されたりしても、そんなことでは油断しない。批評家に褒められても喜…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 いずれにせよ、自分がこうなりたい、こうありたいということをイメージして、それを現在の自分と比較し、何が違うのか、何が足りないのかを意識化して、それを少しでも縮めるように努力すれば、人は成…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 自分に欠点があったり、足りないところがあるという認識を、劣等感やその裏返しの自信過剰に結びつけるのではなく、学習のための重要な情報としてとらえること。これは、特に初等教育において子どもた…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 学習において誤差信号は大切だから、それは日常的にフィードバックするようにしなければならない。テストの時だけが特別だと思うからいけないのである。ふだんから自分でテスト、採点し、フィードバッ…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 画家が絵を描き続けても、常に新しいモティーフ、技法、構成に挑戦していれば、それは単なる繰り返しにはならない。むしろ、いつも斬新さの断面に向き合っていることになる。またそうでなければ、グリ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 一つひとつの行為と、その行為が生み出す結果との相関は、トリビアルなものではない。むしろ、振り返りを通して、常に自分の行為を有機的に結びつけて最終的なゴールへと反映させていくことが、グリッ…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 グリットは大切だが、その結果として到達することを目指すゴールがわかりやすいもの(敢えて言えば陳腐なもの)になってしまうと、それは人生そのものとは違うし、そのようなグリットは、いわゆるno-b…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 私は、過去に、大学のことや、中学、高校の受験のことについていろいろ書いてきたけれども、現実に、受験でがんばっている人たちに対しては、もちろん、応援する気持ち以外にはない。ただ、次のような…

夜中メッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 他人の心と自分の心を鏡に写像し合って、自分の心の動きを他人の心の動きの一つのモデルとすることもできる。しかし、この場合も難しいのは、自分自身の心の動きの中にも、自分の意識には容易にアクセ…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 ダックワースのグリットは、本質的課題に継続的に取り組むことの大切さに着眼した心理指標であるが、人生におけるさまざまな経験をすることが悪いわけではなく、それらの経験を本質的課題に戻してあげ…

真昼メッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 ストラヴィンスキーの『春の祭典』は初演時大スキャンダルになって、それくらい「新しい」ものだったわけだが、注意深く聴けば、それまでの古典音楽との連続性がある。ストラヴィンスキー自身の経験が…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 創造性は、ダブルバインドなプロセスだということもできる。一方では経験や知識という基盤があり、他方ではそれを無視した目標設定がある。この両者を補助線で結ぶのが創造性だと言ってもよい。 創造…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 経済システムにおける一つの指標は「経済成長」だが、同様に、ひとりの人間においても、その人がどれくらい変化しているかという指標を考えることができる。子どもの時には変化は大きいが、次第に変化…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 セレンディピティという言葉のもとになっている童話「セレンディプの三人の王子」の主要なモティーフが「旅」であるのは、ネットワークという視点から見て興味深い。人は旅することによってこそ、異な…

真昼メッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 また、セレンディピティでBに出会った時の活動の一時停止は、対人関係における誠実さとも関係する。何か活動していても、困った人や、こちらの注意を要求する人が来たら、手元のことをいったん止めて…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 感情のニュアンスを把握できるようになったら、関連して重要なのはマインドフルネスである。自分が実際に感じていることを、それを価値や行為の選択で決めつけてしまうのではなく、ただ眺めるようにメ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 人との出会いで、今までの自分がゆらぐことがある。その意味ではセレンディピティは恋愛に似ている。最初は反発していたのがやがて惹かれていくという恋愛のプロセスと、セレンディピティには共通点が…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ 『 どの瞬間においても、私たちが現象学的意識(クオリア)の中でうけとめているものは、認知的プロセス(言語化、記憶)で扱えるものをはるかに超えている。これをオーバーフローと呼ぶ。オーバーフロ…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 世間と異なる価値観、着眼点を持つことも、ユニークなセレンディピティにつながる。自分が好きなもの、大切に思うことが世間と違うからと言って、それでがっかりしたりさびしがったりする必要はない。…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 ニュートンがりんごが落ちるのを見て万有引力の法則を発見した時にも、ニュートンという小さなノードを通して、りんごの落下と月の周回という二つの事象が結びついた。存在としてのニュートンは、むし…

朝から新年メッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 一つのことを達成するという意味でのグリットの目的のためにも、多様性は必要である。ジョブズがパーソナル・コンピュータをつくる上で、Xerox Parcでたまたま目にしたGUIが必須となった。フェルマー…

いきなり大晦日メッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 長年にわたってあることに集中し続けている人は、やはりそのような人になっていく。毎日の集中の積み重ねで、囲碁打ちはそれらしく、画家はそのように、読書家はそのように、作家はそのように変化して…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 「脳なんでも相談室」に、中学校の時にゾーンを経験して、それ以来普通の状態が不安になる、という事象を経験した方の質問があって、とても面白いと思った。ゾーンはよほど自分を追い込まねばならず、…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 フローやゾーンに達することを目指す創造者やアスリートは、今までの自分と異なる自分へのステップを上がることの恐怖を克服しなければならない。そのためには、脳の中で制限をかけているリミッターを…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 すべての集中者の野心は、「トンネル掘り」であろう。トンネルを掘るところで、暗闇をくぐりぬけて、思わぬ明るい地点にたどり着くことができたら、そこで、集中の旅の一つの達成であると満足を得られ…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 「深さ」というパラメータの広がりを意識しておくことは、何かに集中するという行為の豊穣さをつかむ上で非常に有効である。強く、長く続けるほど、深さの次元において、自分が今まで見たことがないも…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 「ゾーン」は、脳がリミッターを外した状態である。脳は、本来持っている能力よりも低いレベルで活動を維持している。リミッターを外すと、それだけリスクも増す。脳の働きのバランスをとるためにも、…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 入試のための準備、ということを離れて勉強自体が楽しい、生活の糧を得る、という目的を離れて仕事自体が楽しい、というフローの境地に達することで、延々と続く生きる時間そのものが「蜜の味」になる…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 学校の先生から宿題を出されたり、会社の上司から仕事を与えられた時、その負荷のレベルをコントロールするのが他人だとストレスを感じる。その宿題や仕事を、自分自身の課題に変換してコントロールす…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 常に「今、ここ」に集中すること、そして、行為の切り替えをスムーズにそして柔軟に行うこと、常に多くの脳内to do listをイメージしておくことで、朝起きてから夜寝るまでのフロー時間を、限りなく1…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 ゾーニングが大切なのは、結果として多様性を持つことができることもそうだが、たとえばメールにせよ、SNSせよ、あるいはゲームにせよ、それをして良いゾーンの中では、かえって罪悪感なく思い切り…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 ベルクソンは、意識の中で不必要なものが無意識化していくと見抜いたが、最初に意識していたことも、慣れていってしまうと無意識の習慣になっていってしまう。それで良い場合もあるけれども、時々意識…

朝からメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 朝は、一晩眠って、睡眠の作用により脳の記憶が整理され、すっきりした状態になっているので、集中して仕事をしたり、創造的なことをするのに適している。また、朝はアポなども入っていないことが多い…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 また、「大ネタ」との出会いはランダムではなくて、ある程度あたりをつける、というか、この方向にあるのではないか、と直観することも大切である。このあたりにあるのではないか、と探し続けることが…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 教養とは何か。一つは、養老孟司先生がいつも言われる「人の心がわかること」だと思う(元々は、養老先生の母校である栄光学園の神父さんの言葉だそうだ)。そして、もうひとつは、謙虚であること、も…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 脱抑制をして、アウトプットにかかわる回路が自発的に勝手に動くことで、言語的表現が生まれるのである。つまり、話したり書いたりしながら、その内容は自分が意識的にコントロールするものではなく、…

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 集中への「行き」ができる人は、「帰り」も早い。つまり、何かに集中していても、課題が終わったり、次の文脈に行くときに、あっという間にバラして、集中を解くことができる。「行き」が早いぶん、「…

ナイターメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 記憶などの課題は、比較的操作的に定義しやすいが、それ以外の、たとえば絵を描いたり、音楽を聞いたり、身体を動かしたり、コミュニケーションをしたりといった領域での個性は、そう簡単には発見され…