読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20161218132958j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『

教養とは何か。一つは、養老孟司先生がいつも言われる「人の心がわかること」だと思う(元々は、養老先生の母校である栄光学園の神父さんの言葉だそうだ)。そして、もうひとつは、謙虚であること、もう少し言えば、打ちひしがれていることかなと思う。

教養の反対は傲慢や驕りだとすると、なぜ傲慢やおごりが生じるのかと言えば、世の中に恐ろしいこと、素晴らしいことがあるということを知らないからである。逆に、世の中の恐ろしいことを知っている人は、必然的に謙虚になるしかない。

ウォルト・ディズニーは飛んでいる鳥の羽の動きを分解して見られた、というようなことが言われているけれども、アニメーションの世界で、ディズニーがやったことをわかっている人は、謙虚になるしかない。

音楽で言えば、モーツァルトの作曲の量と質を知っている人は、作曲をやっていると言っても謙虚になるしかない。アインシュタインニュートンの事跡を知る科学者も、謙虚になるしかない。文学で言えばジョイスやカフカ

できるだけ背伸びして、その分野で最も良いものを知ることは、一つの基準をつくることにもなるし、その副作用として人を謙虚にする。たとえ、自らはものを生み出さないディレッタントでも、ものを知り、謙虚な人は、教養があると言える。