ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20151125064036p:imageニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『鹿児島から種子島はずいぶん遠いように感じるが、宇宙センターからの打ち上げが見える、と聞いたのは、数年前のことだった。「鹿児島の人は、みな、打ち上げの時は見てますよ」というので、へえ〜と思った。いつか打ち上げを見てみたい。
昨日、仕事のために鹿児島に滞在していて、はっと気づいたら、H2Aの打ち上げがあるのだった。ニコ生の中継で見たら、警戒区域に船が入ったのでカウントダウンが止まっているという。突然、音声で、「午後3時50分になった」とアナウンス。時計を見ると、15分後だ。
地図を見ると、桜島は、鹿児島市内からは右側(東側)で、種子島のある南は、桜島の右の方だ。ホテルのテラスからも見えそうだったが、海岸に行こう! と思って、急いで部屋を出た。歩きながらニコ生の中継を聞いていると、カウントダウンが10分を切っている。
海岸についたら、面白かった。散歩している人たちと思っていたら、カウントダウンが近づいてくるにつれて、みんな、一定の方向を見ているのだ。作業服を着たおじさんたちが三人、近くの職場から出てきた。カウントダウンは1分を切っている。慣れている。プロなのだ。
ぼくは初めてなので、種子島の方向が正確にはわからなかったが、こっちの方だろう、と見当をつけていた方向よりもやや右側から打ち上がっていることに気づいた。「あっ!」と思った。今までみたありとあらゆる飛行物体と、様子が違っていたからだ。
何よりも、軌跡が違っていた。当たり前だが、飛行機とかは、巡航高度があるから、そのうち上昇が止まる。H2Aはさらに上の地球周回軌道に行くから、上昇の仕方がキレイな弧を描いていて、ほれぼれした。
あと違っていたのは、「色」である。きれいなオレンジ色だったのだ。あんな飛行物体は見たことがない。おそらく、ものすごい噴射で、その炎がオレンジ色に見えたのであろう。初めて見たロケットの打ち上げは、本当にきれいなクオリアだった。』