ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ『f:id:barussnn127:20150830141442j:imageオリンピックの精神性はどこに
昨日、仕事の会食の席で、前回の東京オリンピックを体験したという先輩たちのお話を伺っていた。そうしたら、自衛隊の飛行機が五輪を空に描いたのを見ていた、という方がいらした。テレビ中継で五輪が描かれていて、外に出たら、ちょうど、それを描いているところが見えたというのである。
その方のお話によると、1964年10月9日までは、雨が降っていて、10月10日はきれいに晴れて、しかも、その空に五輪を描くという練習が、一回もうまくいかず、本番で一発で成功したのだという。
「いやあ、学校の先生が、君たち、もしオリンピックのチケット持っていたら、学校休んでもいいから、行きなさい、とおっしゃっていたのが、忘れなくて。普段は真面目な、厳しい先生だったんだけど、こんなことはもう一生ないかもしれないから、行きなさいとおっしゃって。」時代の空気が伝わってくる。
前回のオリンピックは、私が1歳から2歳に移る頃だから記憶がないが、日本人にとって戦後の復興の中、忘れがたい意義のある大会だったことは間違いない。では、今回の大会において、私たちはどんな価値を大切にするのか。エンブレム問題は、結局、その根っこの部分にかかわってくるように思う。』