裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

令和いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20190501133245j:image

ニコロビンプレゼンス茂木健一郎さんからのメッセージ『

平成」から「令和」にかわる一連の儀式が続いている。年号もそうだが、昨日は「三種の神器」のうち、剣と勾玉が登場した。あの包の中に何が入っているのか、それはどこに由来するのは、そのような質問はしないことになっている。 日本文化の一つのあり方として、本質的な部分は不可視にするということがある。たとえば、御開帳が限られている秘仏が一歩進んで、「絶対秘仏」になると、一切人の目に触れない。三種の神器はそのような存在で、天皇陛下ですら、それを目にしない。 元号や、三種の神器のような、日本の文化の本質が、現代のニュースとして報じられることで、さまざまな感想を書かれる人がいる。元号について、グローバル化の時代にそぐわないとか、日本だけのことなどと言う人もいるけれども、だからこそ、むしろグローバル化の時代に価値があるのだと思う。 グローバル化は、世界がすべて同じ色に染まることではない。むしろ、人やモノ、情報の行き来が密になることで、かえって、各文化の独自性が興味をもたれ、焦点が当たる。元号三種の神器のような存在は、世界の他のどこにもないからこそ、日本の独自性として価値がある。 もちろん、グローバル化に接続する工夫は必要である。免許証などの公文書は、元号以外にも西暦で表記するのが良いだろう。国境を超えていく現代の情報ネットワークに適応するためにできることはすべてやった方が良い。その上で、元号三種の神器のような存在は大切に守っていけばいい。 伝統を受け継いでいくことは、変化しないことではなくて、むしろ、伝統を受け継いでそれで独自性が担保されていることで、思い切った変化もできる。受け継がれる伝統が置かれる「文脈」が常に変化する。元号三種の神器の周りに、劇的に変化する日本の景色が光の奔流になって見えればよい。』