裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20190426115246j:image

ニコロビンプレゼンス茂木健一郎さんからのメッセージ「 便宜的に自分を二分すると良い。何かをさせる自分と、それをさせられる自分。つまり、自分が自分のコーチになり、メンターになる。自分が何をするのかを決定する自分を別に置くことで、認識や行動のメタ認知が成立する。 無茶振りは大切で、今の自分のレベルや能力をとりあえずは無視して、やるべきことをやるべきときに自分にやらせる決断をすることが大切である。自分で自分に課しているわけだから、無理ならばやめればよい。ストレスはない。 自分に何が欠けているのか、今やるべきことはなんなのか。何が必要なのか。そのあたりを冷静に見つめて、いわば自分を客体視して、自分で自分に命令する。一方の自分は、「やってられないよ」「マジですか」と言いつつ、案外チャレンジを楽しんでやる。そのような分離ができると楽しい。 どんなアスリートも、コーチがいないと伸びない。しかしすぐれたコーチはどこにでもいるわけではない。つまりはコーチを自給自足するわけで、自分が自分のコーチになればいい。そういう目で日常を見ると、いっきに人生の明るさが二倍にも三倍にもなる。明るさはコーチの光だ。」