裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20190410072324j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ

エピソード数を絞って、一つひとつのエピソードを徹底的につくりこんで、10年も20年も30年も愛されつづけるというやり方は、日本のテレビでもやったらいいとずっと思っている。『フォルティ・タワーズ』も『ファーザーテッド』も、一つひとつのエピソードが古典になって場面やセリフを皆が知る。 『フォルティ・タワーズ』も『ファーザーテッド』は、どのエピソードも何十回と見ても飽きないのは、そこに音楽性があるからである。すぐれた作品は、繰り返し味わうことに耐えるが、そこに立ち上がるのは音楽と同じ属性である。音楽はヘビーローテーションで聞いても、感銘が簡単には消えない。』