裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

特亜なんかなあ

f:id:barussnn127:20200618072159j:image

ネットから

 

百田尚樹氏はそのオピニオンリーダー的な存在だ。 「なぜ中国や韓国を叩く本が受けるのか。私が分析した一般的な話をしますと、中国と韓国、日本も歴史的に見ると儒教の国です。儒教は国を支える教えとして、人の行動規範となりました。なかでも、『親は尊敬すべき』『目上の人、格上の人は尊敬すべき』という考え方は、ほとんど義務とも言える教義です。そこから『人間は平等ではない』という考えになり、さらに『人間は不自由だ』とエスカレートしたのです」