裏最北ブログダダーン

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20190713085128j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ

一般に、日本のメディアはジャーナリズムとしての独自の視点、見解がなく、政党要件とか、政党の規模とか、そういう外形的な基準に従って形式的な報道をする傾向があるけれども、多党的な状況での選挙報道に、その因習が最悪のかたちで出ていると言ってもよいだろう。 つまり、日本のメディアには言論空間がない。言論空間を提供しようという矜持も能力もない。今のNHKの選挙報道だったら、子どもの使いで、誰でもできる。ジャーナリストとしての作家性がない。こんなことでいいと思っているのだとしたら、ずいぶんおめでたい。NHKの選挙報道は見る意味が全くない。』