ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20181012074944j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ

現代の科学、X線などをつかって、ペンチメントが発見されてしまうことがある。有名な絵の下に、別の絵があることが、わかってしまうのだ。それは画家本人だったのか、あるいは別の人の絵だったのか、そのあたりは、研究者や鑑定家が推理することになる。 「ペンチメント」という概念を知ったとき、ああ、それは素敵だなあ、人生だな、と思って、そしたらそれをモティーフというかインスピレーションとして小説を書きたくなって、描いたのが『ペンチメント』で、今度講談社から出る。もし興味がある方は、読んでくださるとうれしいです。』