ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20181007072627j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ

批評性と、質の良いものをつくることは表裏一体で、オーディションはつまりは配役に対する批評性なのだから、それなしにつくっても、結局質の良いものができず、みんなが不幸になるという気がする。日本映画はこのままでいいのだろうか。

 


『カメラを止めるな』の成功に映画好きが喝采したのは、オーディションをちゃんとやるとか、ロッテン・トマト的な過酷な批評性にさらされるとか、そんなことなしに、お手盛りで一部のファンに向けてつくる作品が多い日本映画のよどんだ現状に一陣のさわやかな風を吹かせたからだと思う。』