ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20180804070303j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ

タイミングよく子どもの成長を認めてほめるためには、大人は「ほめのアスリート」にならなくてはならない。いつも「よっ、天才!」と褒めているのだと情報量がない。実質的な変化、成長があったその瞬間を逃さずにほめることで、子どもの脳はぐんと伸びるのだ。

 


褒めのアスリートのなるためには、「マインドフルネス」の状態で、子どもの活動を見ていなければならない。そして、なにか特別なことが起こりそうになったら、それに感情のタグ付けをして注目する。そのようにして、たくさん起こっていることの中からひとつを抽出し、注意を向ける。

 


子どもが実質的な変化、成長をした瞬間にそれを逃さずとらえて褒めてあげるという奇跡の瞬間は、毎日はむずかしくても、一年に一度だけでもいい。そんなレアなイベントが一回あるだけで、子どもはそれを支えにして学び続けられる。タイミングよい褒めは、大人が子どもにあげられる最大のプレゼントだ。』