読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20161130123229p:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『

人間には、忙しさにまぎれて、やるべきことをやっていない、というようなことがよくある。その時に、やっていい後悔と、やってはいけない後悔がある。今朝はその整理をしよう。

明日が試験だったり、課題があるのに、つい、ソファでまったりしてしまって、はっと気づくと時間が経っていることがある。そんな時、そんな「ダメな自分」に嫌気が差して、ますます落ちていく、ということがある。「落ちるよろこび」のようなものさえあるのだ。

人間に自由になるのは、「今、ここ」からの未来だけである。「過去」はもうどうすることもできない。後悔などしている暇があったら、「今、ここ」からの努力を、徹底的にすべきである。つまりは、切り替えの早さと、実行力なのだ。

「はっ」と気づいたら、その瞬間から、改める。それまでのダラダラしていた時間は二度と戻って来ないが、そのことをくよくよしても仕方がない。人生は、常に前のめりでいい。後悔は、後ろ髪を引く存在でしかない。基本的に後悔はしなくていいのだ。

では、するべき後悔とは何か。過去の自分の行動につながった価値観、世界観を振り返って、それを「書き換える」ことである。なぜサボってしまったのか、なぜベストを尽くさなかったのか、その前提となった脳の「OS」を自省し、更新するのだ。

後悔は、基本的にしなくていい。唯一して良い後悔は、そのことによる脳のOSの書き換えである。世の中には、しなくて良い後悔をくよくよしていて、結果としてますます落ち込んでいくことが多いように思う。もったいない。』