ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20161128124656p:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『

一方、ひとびとは時に残酷でもある。許さない。攻撃する。ポピュリズムの悪い側面もある。聖書はとてもよく書けているが、この中で、キリストを処断するピラトが、最後に、ひとびとに、キリストを無罪放免にするチャンスを与えたとある。

ひとびとは、キリストを許そうと思えば許せたのに、ピラトの意図に反して、むしろ処断を求めた。つまり、キリストを十字架にかけたのは、最終的にはひとびとである。ひとびとにはそのような側面もあるのだと、聖書は見抜き、書いている。』