ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20161125123256j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『

日本の、特に地上波テレビにおける「笑い」が、芸人仲間同士の空気の読みあいや、先輩後輩どうしの内輪ネタ、配慮のしあいに終始していることは、日本の民主主義の醸成という視点から言えば致命的な「失われた機会」だろう。テレビはそんなもんじゃないだろう。テレビ関係者の奮起を期待したい。

ところで、今年大ヒットした「シン・ゴジラ」には、ゴジラ登場に対する官僚機構の対応のあたふたぶりに、すぐれた政治コメディの萌芽が見られて、私は注目している。現実のお役所の硬直ぶりを、あのような形で笑いにするのはとても素敵である。

日本にすぐれた世界水準の政治コメディが誕生するとしたら、いろいろしばり、制約があり、またぬるい「お笑い」が主要な商品だと思いこんでいる「文化」のある地上波テレビよりも、「シン・ゴジラ」のような映画においてかもしれない。今後のそのような発展に大いに期待している。』