読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20161023141655j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『

見物人が、運慶の腕の見事さを讃えて、「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋うまっているのを、鑿のみと槌つちの力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」という、印象的な発言がある。

この話を書いた時の漱石の脳裏には、ミケランジェロがあったのかもしれない。代表作「ピエタ」に象徴されるように、まさに、大理石の中にそのような姿があって、それを掘り出しただけにさえ見える、ミケランジェロの見事な技量。その圧倒的な質感は、見る者の心を美の理想で満たす。

心理学で、「ミケランジェロ現象」(Michelangelo phenomenon)
というものがある。お互いに、相手の中にある理想の人間像を認知し、それを掘り出し、引き出すように接することで、お互いの人間性を高める。そのような関係は、理想の関係だろう。

「この人には、こんな素敵なところがある」「こんな美しい心がある」そのことを発見し、相手にも気づかせるように促し、接している時の微妙な言葉遣い、行動を通して、次第にそのような美しい性質が顕在化するようにする。これが、ミケランジェロ現象である。

私たちには、ミケランジェロのような見事な彫刻はつくれないかもしれないが、日々、他人に接する時に、相手の中の良い側面を見出し、引き出すような「人間関係の彫刻家」にはなれるかもしれない。そのためにも、たくさんの美しいものを見ることだ。』