読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20161005152854j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『 

Malcolm GladwellのOutliersはとても面白い本で、この中に、例の「1万時間の法則」も出てくる(この法則自体にはさまざまな解釈が可能だし、議論の余地があるところであるが)、いずれにせよ、この本の中のビートルズの話が、エピソードとして好きだ。

ビートルズは、まだ売れない若いバンドだった時に、ドイツのハンブルクで仕事していて、その酒場の経営者が、ケチ、というか、人使いが荒い人で、ビートルズのメンバーたちは、とにかくずっと演奏を続けさせられていたのだという。

普通、演奏って、お客さんが飲んでいる時に、さーっと出てきて、30分くらいやって引っ込んでいく、という感じだと思うが、ハンブルク時代のビートルズは、何時間も何時間も、ずっと演奏させられていた、というのだ。

Outliersでは、この、ビートルズがずっとずっと演奏させられていた、ということが、メンバーの技量を上げ、そしてバンドの結束、質を高めた、という「1万時間の法則」の話に回収されていくわけだが、いずれにせよ、この、「ずっと演奏している」というメタファーが、私は好きだ。

ずっと何かをやっている。朝から晩まで、好きなこと、やるべきことをずっとやっている。そうすると、その積み重ねで、何か魔法が起こることもある。継続的な努力の大切さを考えるときには、私は、この、ビートルズハンブルク時代のエピソードを思い出すことがある。』