ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりモスラ小説

f:id:barussnn127:20160623131122j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのモスラ小説『

 翌朝、ジャックがエッグトーストを作っていると、トムがキッチンにやってきた。

 「コーヒーをつくります」と言うと、器用に粉や紙を見つけて、流れるようにドリップのスイッチを入れた。

 まるで、何度もこの部屋に来たことがあるみたいだな、とジャックは思った。その印象は、ほんとうに一瞬に浮かび、そして消えたものだったが、しばらく後になって、ジャックはそのことをしばしば思い出すことになる。

 「ファーザー・ジェルキンスに会う上で、いくつか事前に注意しておきますね。」

 朝食のテーブルでトムがそう切り出すと、ジャックは、ちょっと待て、というように話を制止した。

 「えーと、ファーザー・ジェルキンスとは?」

 「これから行く神学校の校長です。」

 「でも、設立のためのお金を出したのも、ジェルキンスさんだったのでは?」

 「ファーザー・ジェルキンスは、息子さんです。」

 「ああ。」

 ジャックには、なんとはなしにいろいろなことが見えてきたような気がした。

 それから、トムは、ファーザー・ジェルキンスさんがどんな人柄か、ジャックに語ってみせた。

 マシュマロのようにやわらかい人なのだが、握り方を間違えると、中から、ぷつりと、刺されるのだそうだ。

 ジャックのアパートメントから、神学校までの道は、住宅街の中を抜けていく。このあたりは、街路樹も青々と茂っていて、初夏の日差しと風が、心地よい。

 ジャックはスマートフォンを取り出して、時刻を見た。9時20分だった。

 「この時間に、ファーザー・ジェルキンスはいらっしゃるのかな?」

 「いらっしゃるはずです。いつも、午前中はお仕事をされていますから。」

 「どんな仕事を?」

 思わず湧き上がってきた好奇心から、ジャックは、いささか無遠慮に、そのように尋ねた。

 「小説を書いているのです。」

 「小説?」

 ジャックは、しばらく黙って、トムの横を歩いた。

 「カトリックの神父さんが、神学校の校長が、一体どのような小説を書いているのですか?」

 「聖人列伝です。カトリック教会の聖人たちの生涯を、小説にしています。」

 「出版されたことは?」

 「ありません。私が学校に入る前からずっと書き続けていらっしゃるようです。何でも、構想では、重要な100人の聖人を網羅する予定だということで、10年かけて書いても、まだ7人しか終わっていないのだそうです。」

 ジャックは、思わずため息をついた。

 ここが、ニューヨーク郊外だからなのか、あるいは、世界は最初からそうだったのか、想像もできないことが、時に角を曲がったところで待っている。

 今、ジャックは、未知の領域に向かって歩いていた。

 世界を満たす、やわらかな光の中を。

つづく。』