読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

マーモセット小説

f:id:barussnn127:20160610092631j:image

ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのマーモセット小説『

 「破門された?!」 

 ジャックは、トムの口から出た言葉をそのまま繰り返した。

 「破門」という音に、ある種の禍々しさを感じたのである。

 トムは、屈託を感じさせない笑顔を保ったままだ。


 「ええ。教義上の些細なことで、教授と対立してしまって。」


 ジャックの顔には、戸惑いが素直に表れていたのかもしれない。


 トムの口元に、再び、悪戯っぽい表情が浮かんだ。


 「ええ、わかります。思っていらっしゃるんですよね。現代に、そんな、神学上のことで破門にするような、そんな学校があるとは信じられないと。」


 ジャックはうまく目を逸らしたつもりだったが、トムの顔には、笑いがこぼれた。


 「自然神学というのですが、啓示に頼らず、自分たちで神の意味を考える学問があるのです。そして、どうも、私の考えていることは、学校側から見ると、異端なようなのです。私としては、画期的な理論のつもりなのですが。」


 ジャックは、陽光が降り注ぐニューヨーク公立図書館前の風景と、トムの口から出てくる言葉が、あまりにも不調和な気がして、目をパチパチさせた。


 「あなたは、無神論者ですか?」


 トムの質問に、ジャックは、なぜか赤面した。


 ジャックの脳裏に、敬虔なカトリック教徒だった母といっしょに通った教会のイメージがフラッシュバックした。


 「いいえ……その、なんというか。」


 ジャックは、トムに対しては、正直に言うしかないのだろうと思った。


 「実は……神のことなど、もう長い間、考えたことがなかったものですから。」

つづく。

オデュッセイア」これまでの連載。  』