ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20160526101521j:imageニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『昨日、大阪のグランドフロントでごはんを食べていて、トイレに行こうとしたら、レストランの中にあるオリーブの樹を見て、「あっ」と思った。そうしたら、やっぱりそうで、西畠清順さんがもってきたものだった。

樹齢が200年とか、300年のオリーブの樹。値段も高くて、大体樹齢一年あたり一万円くらいらしい。姿が見事で、その樹皮のごわごわとか、そこから出ている緑の葉っぱとか、思わず見とれてしまった。

西畠清順さんに、そんなオリーブの樹をどのように持ってくるのか、うかがったことがある。現地でいろいろ養生して、枝などは落として、ほとんど樹幹だけでもってくる。もちろん、飛行機などは使えないから、船でゆっくりやってくる。

日本について、土に植えて、オリーブの命が徐々に回復してくるのを待つ。やがて、枝が出てきて、緑の葉が出て、オリーブが、元の姿を取り戻してくるのを待つ。そうやって、ようやく、オリーブの樹のはるかな旅が完結する。

昨日のオリーブだけれども、室内に置いておくと弱ってくるので、3本あって、ローテーションしているのだという。あとの2本は、自然の中で養生していて、交代でレストランにやってくる。

大阪の真ん中に、樹齢200−300年のオリーブの樹があることで、訪れる人は、昨日の私のように、インスパイアされ、励まされ、力をもらうけれども、そのために、いかに多くの努力と、知識と、ノウハウがあるかと考えると、オリーブも凄いけど、人間も凄いなと思う。

オリーブの樹ははるかな旅をしてきたけれども、それを迎える人間の文化もはるかな旅をしている。大阪の街の真ん中でそんな「物語」に出会うと、人間も捨てたものじゃないな、という気持ちになる。