ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20151005071231p:image
f:id:barussnn127:20151005071209j:image
ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『

無自覚の変人
世の中には変人が時々いて、私は大好きなのだが、当然、変人には困ったことがいろいろある。一番の問題は、変人には、自分が変人という自覚がないことがほとんどということで、つまり、変人は無意識の変人であるというのが、定義のようなものでさえあるとも言える。
周囲から見れば明らかにヘンなのに、本人にその自覚がない。自分のやり方が普通だと思っている。「お前、ヘンだよ」と言うと、「いや、そんなことはない、自分のやり方は普通だ」と反論する。そのような人が本物の変人である。
逆に、やたらと「私は変人です」「私ヘンでしょう?」と言う人は、何らかの理由で変人にあこがれ、変人になりたいと願う変人ワナビーであって、真性の変人ではない。その価値観は案外常識的だったりする。変人になりたいワナビーがまともで、本物の変人にその自覚がないんだから、世の中は難しい。
ところで、変人に、自分のやり方がヘンだという自覚がないのは、案外変人という存在の本質に関わることなのかもしれない。自分のやり方のここがヘンだと認識し、それを世間の常識とずれているからと抑制してしまっては、もはやその人はとんがった変人ではない。
また逆に、変人のヘンなところがなぜか世間から拍手喝采されると気づき、ことさらに変なところを強調したり、派手に自己演出するようになると、変人の無為自然が失われてしまう。そこに、賢しらが生まれる。おそらく、変人のヘンぶりも、どこかぎこちない、こわばったものになってしまうだろう。
「薔薇が美しいのは、自分が美しいということを知らないからである」と開高健は言ったが、同様に、「変人が魅力的なのは、自分が変わっているということを知らないからである」ということが言えるだろう。美にせよ、ユニークさにせよ、その根幹に無自覚があるのは面白いことだと思う。』