ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

ニコロビン
プレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ『f:id:barussnn127:20150912111446j:image先日、小林よしのりさんとお話させていただいた。作品が前から好きで、『東大一直線』、『おぼっちゃまくん』から始まり、『戦争論』からのシリーズもほぼ全て読ませていただいている。このように書くと、意外に思う人もいるようなのだが、すべては「表現」だと思うのである。
私が小林よしのりさんの作品を愛読していると驚く人がいるのは、思想や方向性が違うと思っているからだろう。必ずしもすべてが一致するわけではもちろんないけれども、小林さんの表現の角度、スタンスには好感を持っている。自分をきちんと露出して、「ゴーマン」かますというその自己意識である。
結局、どのようなことを考え、感じているかは人それぞれだけれども、本質的なのは「表現」の仕方なのだと思う。表現に現れる、自己へのメタ認知、他者への視線、世界への向き合い方、世界の引受け方、言葉の選択、そのようなもの全てが相まって、結果として一つの印象が形成される。
世間では、主張の内容そのものが大事だ、という考え方もある。それも一理あるが、私は、主張の内容そのものも大切だけれども、表現の洗練、自己のさらけ出し方、ユーモアのセンスといった総合点がより大切だと感じる。その意味で、清志郎さんは最高の表現者だった。』