ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20150808102837j:image
ニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ『夏はコントラスト!
暑い! 毎日暑い! 実は、暑いということ自体は、問題がないのであって、その状態に変化がない、ずっと続く、というところに問題があるのである。脳は変化を好む。神経細胞の中には微分を表現するものがたくさんある。だから、夏を乗り切るためには、微分をつくるのがよい。
暑い中走るときには、時間をいつもより短めにする。すると、サウナ風呂に入っているのと同じ感じになる。時折、公園の水道などで水を飲んだり、顔や腕をあらったり、時には背中に水をばちゃっとやって、ひええとやるとコントラストが気持ちいい。また走りだすと、サウナ風呂だ。
走ったあとは、シャワーである。冷たい水を浴びると、それまでの暑さとのコントラストが気持ちいい。それからまた暑くなるが、それはそれだ。夏は、短い時間を、くりかえし走ることもある。暑いサウナと、冷たいシャワーのコントラストが、脳によい微分をもたらすのである。
脳を刺激するには、とにかくコントラストをつくることだ。忙しいのとゆったりしているのと。プレッシャーをかけるのとリラックスするのと。暑いのと、暑くないのと。このコツさえ覚えておけば、案外快適に夏を乗り切ることができる。夏の運動量を確保するには、つまりは短時間サウナ風呂と思えばいい。