ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20150624145242j:imageニコ・ロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ『
プロ野球セントラル・リーグの全球団の「貯金」がないという、前代未聞の事態、というニュースを見て、あれ、ゼロ・サム・ゲームのはずなのに、どういうこと、と思ったら、交流戦があったのだった。セは、パに、17試合負け越しなのだという。
さらに、セントラル・リーグは、首位の巨人から最下位の広島までゲーム差2.5の間にひしめいているので、「全球団貯金ゼロ」という、珍事が起こったのである。以前から言われている、「人気のセ、実力のパ」という構図が、そこには見える。
ところで、ぼくが小学校の頃はプロ野球全盛の頃で、なにしろ王・長島がいて、巨人のV9だった。当時は、巨人戦は全試合地上波中継が当たり前だった(今となっては、昔のことである)。その頃、大人たちが、よく、こんなことを言っていたもので、子ども心に「そうなのかなあ」と思っていた。
大人いわく、「巨人が強いのは当たり前よ。何しろ、人気で、毎試合球場にファンが詰めかけているんだから。ガラガラの球場で試合をするより、やる気になるさ」。いわゆる俗説というやつだろう。子ども心に、「へえ、そうかなあ」と半信半疑で聞いていて、どちらかというと怪しいと思っていた。』