ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

いきなりメッセージ

f:id:barussnn127:20150429204022j:imageニコロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからのメッセージ❗️『2時間余りのコンサートは、本当に夢のようで、スターというのは、こんなに多くの人を幸せにできるのだなあ、そのために、尋常ではない努力をするのだなあと改めて感じた。ポール・マッカートニーという人は、永遠の青年のようであった。名曲の数々が、心のど真ん中に、ずどーんと届いた。

1966年のビートルズ来日公演の際には、ぼくは3歳だった。今や教科書にも載っているビートルズ。しかし、当時は不良視されていた。「古典」になった楽曲は、この宇宙に誕生したばかりの元素のようにピカピカと光っていた。その来日公演の武道館にかけつけた人たちは、本当に伝説である。

人間は、自分たちが経験したことがない新しい何かに出会うと、とにかくもう興奮してしまって、黄色い声で叫んでしまったり、飛び跳ねたり、時には失神してしまうものだろう。1966年のビートルズ来日公演の音声を聞くと、観客の叫び声がもう胸に迫ってしまって、それだけのことだったのだとわかる。』