ニコ・ロビンインドメタシンブログ!!

エッセイいろいろな内容のブログ

成人の日朝からメッセージ

f:id:barussnn127:20150112071150j:plain
ニコ・ロビンプレゼンツ茂木健一郎さんからメッセージ❗️『


『落語力』の中でも、もっとも面白いエピソードの一つが「無茶ぶり」に関すること。談慶師匠は、談志師匠に弟子入りする前は、サラリーマン(株式会社ワコールのセールスマン。このため、前座の時は、「立川ワコール」という名前だった)をしていた。そこで、上司のさまざまな「無茶ぶり」に応える。

ここで大切なのは、談慶師匠が、上司という「他者」からの「無茶ぶり」を、自分による「自身」への「無茶ぶり」に変換していたこと。ここに、「無茶ぶり」がストレス要因ではなく、成長のきっかけになるための、大切な方程式があるように思う。

強化学習にかかわる脳内物質であるドーパミンは、「誤差」信号を表すから、自分ができないと思っていたことができるとよく放出される。つまり、「無茶ぶり」は成長の階段を上るよいきっかけである。ところが、他人にやらされていると思うと、ストレス要因になってしまう。

プレッシャーは、自分で自分にかける。そうすれば、自主性を確保できるし、プレッシャーの強度も、調整できる。ムリだと思ったら緩めればいいし、まだ行けると思ったら、さらにかければ良い。アスリートも、コーチの指示を、自分自身への指示へと変換できる人は伸びる。

談慶師匠は、談志師匠に入門したあとも、さまざまな「無茶ぶり」をされる。それを、自分自身への「無茶ぶり」に変換することで、落語家として一人前になっていく。この、他律から自律への変換こそが、「無茶ぶり」を成長のきっかけにするために大切な秘訣だろう。『落語力』をおすすめします。

『落語力』の中でも、もっとも面白いエピソードの一つが「無茶ぶり」に関すること。談慶師匠は、談志師匠に弟子入りする前は、サラリーマン(株式会社ワコールのセールスマン。このため、前座の時は、「立川ワコール」という名前だった)をしていた。そこで、上司のさまざまな「無茶ぶり」に応える。

ここで大切なのは、談慶師匠が、上司という「他者」からの「無茶ぶり」を、自分による「自身」への「無茶ぶり」に変換していたこと。ここに、「無茶ぶり」がストレス要因ではなく、成長のきっかけになるための、大切な方程式があるように思う。

強化学習にかかわる脳内物質であるドーパミンは、「誤差」信号を表すから、自分ができないと思っていたことができるとよく放出される。つまり、「無茶ぶり」は成長の階段を上るよいきっかけである。ところが、他人にやらされていると思うと、ストレス要因になってしまう。

プレッシャーは、自分で自分にかける。そうすれば、自主性を確保できるし、プレッシャーの強度も、調整できる。ムリだと思ったら緩めればいいし、まだ行けると思ったら、さらにかければ良い。アスリートも、コーチの指示を、自分自身への指示へと変換できる人は伸びる。

談慶師匠は、談志師匠に入門したあとも、さまざまな「無茶ぶり」をされる。それを、自分自身への「無茶ぶり」に変換することで、落語家として一人前になっていく。この、他律から自律への変換こそが、「無茶ぶり」を成長のきっかけにするために大切な秘訣だろう。『落語力』をおすすめします。